ケイビングツアーとは

トンネル潜り抜け洞窟探検といえば、まず思い浮かぶのは鍾乳洞に代表される観光洞窟だろう。それらの多くが歩道や照明を完備しているのに対し、ほぼ発見されたままの状態となっている洞窟を、頭に装着した小さなヘッドランプだけを頼りに進んでいく・・・、それが『ケイビング』だ。

自然のままの洞窟だから、時に通路は人間ひとりがやっと通れる大きさしかなかったり、天井までの高さが腹ばいになって進むしかなかったりもする。だから頭を守るためのヘルメットをはじめ、岩や泥から体を守るためのウェアなど、様々な道具が必要となる。

そんな面倒な準備をしなくても、初心者が手軽にケイビングを楽しめるのが、ケイビング洞窟探検ツアーだ。経験豊富なガイドが十分に安全を確保しつつ、適切なアドバイスをしてくれるのが何より心強い。

群馬上野村で開催しているジャグスポーツのケイビングツアーは、ジョーク混じりの楽しいガイドに加え、参加者を先頭に行かせて、冒険心を満たしてくれるなどの演出もあり、近年、東京・首都圏からの参加者を中心に人気を集めている。